1.  

こんな困ったを解決

こんなご要望にお応えします!!
〜開発技術者の「困った」役立つ石膏鋳造のソリューション〜

◯量産品と同等の試作品を作りたい(量産試作/開発試作)

モールドモデルの石膏鋳造では、ダイカスト用のインゴットを使用しての鋳造対応もしており、 量産時と同等の試作品が仕上がり、機能性と外観形状を同時に評価することが可能です。 また、金型とは違い、型の改修作業をすることができるので、開発試作において、設計変更や改良にも容易に対応できます。

◯急ぎの展示品(ディスプレイサンプル)やマーケティングサンプルが欲しい

現行の製品や削り出しによる試作品をマスターモデルにして精密に転写、石膏型を作成し鋳造複製するので、複数個・短納期を実現することが可能です。

◯金型が現存していない部品や旧型式のサービス部品を複製したい

需要の少なくなった部品で、既に金型を処分してしまった場合、部品や部品データがあれば、石膏鋳造で複製を実現できます。 イニシャルコストの大きい金型は不要で,低コストかつ短納期で製作できます。

◯急ぎの展示品(ディスプレイサンプル)やマーケティングサンプルが欲しい

現行の製品や削り出しによる試作品をマスターモデルにして精密に転写、石膏型を作成し鋳造複製するので、複数個・短納期を実現することが可能です。

PAGE TOP